タンゴ・パフォ in 中条

タンゴ
10 /17 2009
前途多難(?)な我々を祝福するかのような、すがすがしい秋晴れのもと、午後3時15分頃でしょうか、聖籠町のロッテリア付近にまず3名が集合しました。J氏、Mさん、それに私。時間通りなので、午後4時の打ち合わせには「十分間に合うね!」などと、にこやかに話しあっていたところ、J氏がまだランチをとっていないことが判明。それでは、とロッテリアへ。そうしたらハンバーガーができあがるまで15分もかかりまして。・・・「絶対間に合わないよー」とはMさんの言。でも、とにかく一路、中条へ向かったのでした。

Mさんは猛スピードで中条へと案内してくれますし、J氏は車中で美味しそうに昼食です。ハンバーガー2個、バナナ2本、それに特大サイズのアイスコーヒー。BGMは本日パフォする予定のタンゴをリピート&チェック。お日柄もよく、うっかりすればピクニックに出かけたような気もしてくる昼下がりでした。

午後4時きっかりに中条グランドホテルへ到着。先に到着していたIさんと合流して、早速、会場の下見と打ち合わせ。午後5時半、リハーサルをすませて、控室へ。すると二段重ねの弁当箱(夕食)が用意されていたのでした。「ハンバーガー、食べる必要なかったね・・・」と、もの悲しげにつぶやくJ氏。「でも、仕方ないね!」とすぐに開き直りました。早速、我々3名と一緒に食事を開始。・・・それにしても、緊張の「き」の字もなく、おいしそうにお腹一杯になるまで食事して、おまけに会話も弾む4名でした。はたから見たら、さながらピクニック。そうしているうちに、気がついたら午後7時をまわり、いよいよパフォの準備開始。

午後7時半、会場の袖口で待機。緊張感というよりも、良い意味での【気合い】が入りました。「ようし!」と力瘤を見せるIさんとJ氏。Mさんも、準備万端といった様子。皆、気分が高揚してきた感じでした。何と言いますか、これから試合に向かうアメリカンフットボールの選手になった気がしました。これなら行ける、という何か手応えを感じました。すでに会場は180名を超す方々で賑わっています。

パフォでかけた曲は以下の通りです。
1. Gallo Ciego (Pugliese)
2. SVP (Piazzolla)
3. Bahia Blanca (Di Sarli)
4. Poema (Canaro)
5. Una Emocion (Tanturi)
6. La Cumparsita (Contursi) アンコール曲

今回、「年齢も国籍も異なる男女が、ある港町で出会い、別れ、そして再会する」というストーリーで踊ってもらいました。運命的な出会いもよし、ゆきあたりばったりもよし。

30分があっという間に過ぎまして・・・
結果は大成功。・・・と言って、良いでしょう。

最後になりましたが、我々を中条の檜舞台へ導いてくださったN氏に深く感謝いたします。


09101500.jpg

09101501.jpg

09101502.jpg

09101503.jpg

09101504.jpg

09101505.jpg

09101506.jpg

コメント

非公開コメント

タンゴ新潟

新潟市内で活動しているアルゼンチンタンゴ・ダンスコミュニティです。究極のペアダンス【タンゴ】を新潟に普及させるため、週3日のレッスン、毎月開催のミロンガ(パーティ)、ワークショップ、合宿、さらにはデモンストレーションまで、様々なイベントを開催しています。

【タンゴ新潟】
《主な活動》
・タンゴ新潟(日曜)
・タンゴローサ(火曜)
・タンゴポラリス(木曜)
・タンゴ舞踏会
(ダンスパーティ!)
・タンゴ合宿・ピクニック
(妙高、湯沢、田上)
・特別ワークショップ
・県外への遠征
・デモ&パフォーマンス

2009年、タンゴはユネスコにより世界無形文化遺産に登録されました!


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ
にほんブログ村 演劇ブログ タンゴへ