【タンゴライブ:小川紀美代&ホセ・シビルス】(新潟市)

5月18日(水)、新潟市のジョイアミーアにてタンゴライブが開催されました。小川紀美代さん(バンドネオン)とホセ・シビルスさん(ピアノ)によるデュオ。小川さんは日本を代表するバンドネオニストの一人。実は、2007年11月18日(日)、ラテンギタリストの瀬賀倫夫さんと共に、タンゴ新潟へ演奏しに来てくれた方なのです。

【タンゴ新潟・写真館2007】

それから一年後の2008年11月26日(水)、瀬賀倫夫さんの最後のコンサート(新潟市・グリーンプラザ)でもタンゴを演奏しに来県。このとき、私もミカさんや中山さんと一緒にタンゴを踊らせていただきました。この時の演奏は、『悲壮』という一語に尽きると思います。ギターとバンドネオンの慟哭を、私はすぐそばで耳にしました。

あれから二年半、小川さんのバンドネオンを聴く機会が再び到来しました。今回、安藤さん、安達さん、宮原さんとコンサートへ。加藤さん、佐藤(ひ)さん、小村さん、外山さん、水野さん、中澤さん、榎並さんたちも参加。会場には100名の客席が満杯でした。午後6時半、演奏開始。小川さんのバンドネオンは一音一音の芯がしっかりしていながら粘りがあり、艶があり、劇的でした。シビルスさんのピアノは激しいなかにも柔らかさがあり、宇宙的な包容力のある演奏でした。バンドネオンの「動」に対してピアノの「静」。「動」あっての「静」、「静」あっての「動」。――タンゴ。「男と女」といったステレオタイプな対置では説明のつかないものがありました。

冒頭の『エル・チョクロ』が終わるや、「ダンスをどうぞ♪」と小川さんのMCがあり、我々も即興で踊らせていただきました。『A Evaristo Carriego』、『La Cumparsita』などタンゴの名曲を6曲。ライブでタンゴを踊るという貴重な時間をいただき、ありがとうございました。

後半、デュオはフォルクローレをメインに演奏されました。新潟市にはフォルクローレやチャカレラのファンが大勢いるそうです。これは、瀬賀さんの功績が大きいですね。小川さんの隣にギターが立てかけられていて、何だろうと思っていたのですが、瀬賀さんのギターでした。後半は瀬賀さんへのトリビュートだったのかも知れません。

最後に『La Cumparsita』が再演されて、タンゴライブは終了しました。

小川紀美代さん、ホセ・シビルスさん、キワさん、非常に充実したタンゴライブをありがとうございました! 近い将来、また素晴らしい演奏を聴かせてくださいね。


11051801.jpg

11051802.jpg

11051803.jpg

11051804.jpg

11051805.jpg

スポンサーサイト

テーマ : ダンス
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

タンゴ新潟

Author:タンゴ新潟
新潟で活動するアルゼンチンタンゴ・ダンスコミュニティです。究極のペアダンス【タンゴ】を新潟に普及させるため、毎月恒例のパーティからワークショップ、合宿、さらにはパフォーマンスまで、様々なイベントを開催しています。

【タンゴ新潟】
《主な活動》
・タンゴ新潟(日曜)
・タンゴローサ(火曜)
・タンゴポラリス(木曜)
・タンゴ舞踏会
(ダンスパーティ!)
・タンゴ合宿・ピクニック
(妙高、湯沢、田上)
・特別ワークショップ
・県外への遠征
・デモ&パフォーマンス

2009年、タンゴはユネスコにより世界無形文化遺産に登録されました!


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ
にほんブログ村 演劇ブログ タンゴへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード